アジア16地域で使える!「sim2fly」がコスパ最高で便利!

海外旅行に今や必携とも言えるのがインターネット接続。Wi-Fi、携帯電話のレンタルサービスを利用したり、現地でSIMカードを購入する方も多いのではないでしょうか?

編集部のメンバーもアジアの海外旅行の際は欠かさないSIMカード「sim2fly」を紹介します!

sim2flyとは

sim2flyは、タイの通信会社「AIS」が販売するローミング用(海外で使う)のSIMカード。

日本を含むアジア14カ国16地域で利用でき、日本で接続を確認してから渡航する事もできるので、とても安心ですね。

利用可能国・地域

  • 日本
  • オーストラリア
  • ネパール
  • シンガポール
  • マレーシア
  • インド
  • ラオス
  • フィリピン
  • カンボジア
  • ミャンマー
  • カタール
  • インドネシア
  • 台湾
  • 香港
  • マカオ
  • 韓国

通信条件

データ容量:4GB(低速接続は無制限)

接続可能期間:アクティベーションから8日間(192時間)

通信方式:4G(LTE)、3G

テザリング:可能

※接続設定はSIMと同封される説明書をお読み下さい

購入方法

amazon等のインターネット販売

お得な3枚セットもあります

利用方法

・携帯キャリアでSIMロックが掛かっている場合は解除する※契約している通信会社にお問い合わせ下さい。

・SIMカードを差し込む

・再起動して数分経つと利用可能になります。

・数分待っても利用できない場合は、SIMカードに同封される説明書を読み、APN(アクセスポイント)設定を行う

私自身、最初はあまりの安さに不安を覚えていましたが、通信速度も問題なく利用でき、海外旅行・取材旅行の際は″必需品″となっています。
アジア周辺の旅行の際は、是非一度試してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です