パリーフランクフルト便 ルフトハンザドイツ航空LX1025便搭乗レポート

前回のLX1025便搭乗レポートに引き続き、友人のM君がルフトハンザドイツ航空のパリーフランクフルト便に搭乗した際の搭乗レポートを寄稿して貰ったので紹介します。

彼のブログでは、ANAのビジネス・ファーストクラスの搭乗レポートなども公開されているので、下記リンクからどうぞ。

https://masablog.site/a/

ルフトハンザドイツ航空 LX1025便の概要

  • 路線:シャルル・ド・ゴール→フランクフルト
  • 定刻発着時刻:14:20-15:35
  • 機材:Airbus A321
  • 料金:88.84ユーロ(11,676円)

チェックイン

チェックインは、ルフトハンザのエコノミーカウンターで行います。

その際、フランクフルトに到着してから羽田に向かう便となるNH224便(ファーストクラス)のチェックインも同時にすることが出来ました。通常、ファーストクラス搭乗の際は優先扱いタグ(プライオリティタグ)をつけてもらうことが出来るのですが、今回チェックインしたカウンターはエコノミークラスのカウンターだったためプライオリティタグをつけることができないとのこと。

同じアライアンスのスターアライアンスに属するため、フランクフルトで荷物を受け取ることなく、羽田空港で受け取ることができます。

搭乗

ゲートから機内までは、ボーディングブリッジ(搭乗橋)での搭乗となりました。

機内の様子

機内に入るとすぐ横に、ルフトハンザのロゴマークが見えます。

座席はこんな感じです。

外を見ると、翼の先にもルフトハンザのマークが見えます。

離陸後すぐに寝てしまい、起きたらちょうど飲み物が配られていました。

今回は、コーヒーを選びました。

予約時に、スナック&ドリンクという表示がありましたが、食べ物は配られませんでした。

寝ている間に配られたのかとも思いましたが、周りの乗客を見ても、飲み物しか持っていなかったため、軽食の配布は無かったと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です