【アシアナ航空国際線】実際に飛行機乗り遅れ寸前で回避した対処法

乗り遅れてしまったらどうすれば良い?

明らかに間に合わなくても空港に向かうべき

空港に到着する時間が飛行機の出発後など、明らかに間に合わない場合でも空港に向かう事をお勧めします。

  • そもそも日時変更できる航空券である可能性
  • 飛行機が遅延している可能性
  • 航空会社の裁量で有料、もしくは無料で後続便に乗せてくれる可能性

などが考えられるためです。

カウンターで条件を交渉してみる

飛行機に乗り遅れた場合、カウンターで交渉する事により融通を利かせてもらえる場合があります。

多くの場合は、空席がある場合に自社後続便への搭乗を認められるという処置になり、無料の場合と有料の場合があります。

列車の遅延やその他やむを得ない事情の場合は、正直に申し出た上で交渉することで、無償で後続便に乗せて貰えることがあります。

また、自分の責任で乗り遅れた場合にも、無償または有償で後続便への搭乗が認められることがあり、有償の場合には1万円などの定額で、航空券を取り直す場合と比べかなりの低額で帰国することができます。

もちろん、上記の処置は善意で、既定の範囲外の処置として行われるものなので、受けれない事が当然という意識を持っておくと良いでしょう。

特にLCCを利用している場合は、殆どの場合で運賃規定通りの取り扱いとなります。

最悪の場合は航空券の買いなおし

後続便への搭乗が認められなかった場合、航空券を買いなおす事となります。

通常、国際線の片道航空券。特に当日に購入する場合は高額な「普通運賃」もしくはそれに近いものとなるので、格安航空券もしくはLCCの利用が一般的となるでしょう。

格安航空券サイトには掘り出し物も

格安航空券を販売する旅行会社に在庫が残っていた場合は、LCCを利用するよりも割安で帰国することができます。

スカイスキャナーなどの格安航空券比較サイトを上手に活用すると良いでしょう。

 

いかがでしたか?今回の記事では飛行機に乗り遅れそう、乗り遅れてしまった方に向けて対処法をお伝えしました。

落ち着いて冷静に対処することで、最善の方法で帰国できることでしょう。

そういった状況にない方は、早めの行動を心掛け、焦る心配がないよう気を付けることが一番の対策になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です