韓国旅行におすすめの服装!季節に合わせた服装や必須アイテムを紹介

いざ韓国旅行を計画しても、どんな格好をして行ったらいいのか迷いますよね。韓国旅行に必要なものは何だろうと考えてしまいます。

そこで今回は韓国旅行に必須のアイテムと、季節別におすすめの服装を紹介していきます!韓国旅行の際は参考にしてみてくださいね。

季節別おすすめの服装を紹介

続いて季節別におすすめの服装を紹介していきます。韓国も日本と同じように四季があるので、季節ごとに服装が変わってきます。

服装の季節感はほとんど日本と一緒ですが、韓国ならではの特徴もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

春(3月~5月)

韓国の春は4月頃まで寒さが残っているので、カーディガンや薄手のコートが必要です。次第に日中でも暖かくなってきますが、朝晩が冷え込みますね。

カーディガンや薄手のパーカーなど、準備しておくのがおすすめです。黄砂の時期なのでマスクとメガネもファッションに取り入れましょう。

夏(6月~8月)

半袖短パンの夏らしい格好で大丈夫です。ただし雨の後や冷房の効いた店内では身体が冷えるので、薄手のパーカーを用意しておくと役立ちます。

梅雨の時期なので折りたたみ傘をカバンに入れておきましょう。真夏は日差しが強いので、日傘やサングラスもファッションに取り入れると良いですね。

秋(9月~11月)

韓国の秋は涼しくて過ごしやすい時期です。旅行にもピッタリな時期ではないでしょうか。服装は半袖に長袖を羽織るスタイルがおすすめですね。

朝晩が冷え込んでくるので、体温調節ができる服装を心がけましょう。11月頃からは冷え込んでくるので、カーディガンや薄手のコートが必要です。

冬(12月~2月)

上記でも述べましたが、韓国の冬は極寒です。厚手の上着はもちろんですが、帽子・マフラー・手袋・耳あてなどアイテムも必須!まさに完全防備で出かけるのがおすすめです。

さらにヒートテックなどのインナーを上下で着るのもおすすめ。楽しい旅行を風邪で台無しにしないためにも、防寒対策は必ずしてくださいね。

韓国旅行の必須アイテム

まず初めに韓国旅行に必須のアイテムを紹介していきます。必須アイテムは、マスクとメガネ・折りたたみ傘・上着です。

韓国ならではの気候があるため、これらのアイテムが必要になってきますよ。それでは詳しく見ていきましょう!

マスクとメガネ

韓国では3月~5月にかけて、中国大陸から黄砂がやってきます。

日本でいうと花粉のような存在で、韓国民の悩みのタネです。そのため春の観光旅行では、マスクとメガネが必須アイテムですね。

メガネをかけていない人には、花粉用のメガネやサングラスがおすすめです。

黄砂は毎日飛んでいるわけではありませんが、春の韓国旅行の際は準備しておくと良いでしょう。もしも黄砂に遭ってしまったら、手洗いうがいや洗顔などのケアをお忘れなく。

黄砂の情報は「韓国 黄砂情報」などで検索すると確認することができますよ。

折りたたみ傘

日本と同じく四季がある韓国には、梅雨の時期も存在します。ちなみに韓国の梅雨は7月。日本の梅雨は6月なので、ちょうど1ヶ月違いと覚えることができますね。

初夏の韓国を訪れる際は、折りたたみ傘などのレイングッズを準備しておくと良いでしょう。

また、梅雨以外の時期でも急な雨が多い韓国。さらに8月~10月頃には台風もやってきます。そのため折りたたみ傘は持っておいて損はありません。

最近ではおしゃれなレインブーツが増えてきましたね。雨の旅行ではサンダルよりも、レインブーツを履いてみてはいかがでしょうか。歩きやすくて、雨の旅行も楽しくなるはず。

寒暖差に対応できる上着

韓国の気候といえば、夏は猛暑で冬は極寒です。しかし電車や店などの室内では、冷房や暖房がガンガンに効いています。そのため夏は寒く、冬は暑く感じてしまうでしょう。

すると室内から出た時に、寒暖の差で体調を崩してしまうことが考えられます。せっかく旅行に来ているのに、体調を崩してしまってはもったいないですよね。

そこで寒暖差に対応できる上着が必須アイテムです。夏はUVカットパーカーなどの薄手の長袖、冬は防寒できる上着をお忘れなく。

まとめ

今回は韓国旅行の必須アイテムと、季節別におすすめの服装を紹介してきました。必須アイテムは、マスクとメガネ・折りたたみ傘・上着。上着は特に寒暖差対策や防寒対策を意識しておきましょう。ぜひ今回の記事を参考にして、韓国旅行へ出かけてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です