全プラン無料朝食やいつでも安心料金が人気の秘訣│東横イン 新白河駅前宿泊レポート

国内を中心に281ホテルを構える、日本最大級のビジネスホテルチェーン「東横イン」は、誰でも利用できる無料朝食や、繁忙期でも一律の料金設定など、いつでも同じサービスを受けることができる安心感が人気秘密です。今回、新白河駅前店に宿泊したので紹介します。

東横イン 新白河駅前 宿泊の概要

  • 宿泊日:2018年8月14日(火)
  • 部屋タイプ:ダブル(2名)
  • 食事:簡単な朝食のみ
  • チェックイン:15時
  • チェックアウト:10時
  • 料金:7,030円(公式HPからの予約、会員料金)

アクセス

  • JR新白河駅から徒歩1分
  • 福島空港から車で40分
  • 新白河ICから車で10分

いつ行っても同じ安心感が特徴!東横インは全プラン朝食も無料

東横イン新白河 ダブルルームの客室

東横インでは、低価格を実現するために徹底的なコストカットを図っており、ライトなどの備品の内容から机の配置まで、基本的に同じレイアウトとなっています。

結果的に、どこで泊っても同じサービスを受けれる安心感につながり、旅行客はもちろん、ビジネスマンにも好評を得ています。

炊き込みご飯など、新白河駅前独自メニューの朝食バイキング

東横インではほぼ全店で朝食バイキングを提供していますが、「簡単な朝食」の位置づけとなっています。

支配人を中心とした各店舗の考え方によりメニューが異なり、漬物とごはんやパン程度の店舗から、朝からカレーを出す店舗もあります。

新白河駅前は、炊き込みご飯が用意されたり、きんぴらごぼうやミートボールなどおかずも提供されるなど、比較的充実したメニューが提供されており、インターネット上の口コミでも「当たり」というレビューが目立っています。

朝食の提供時間は6:30~9:00となっています。

東横イン新白河駅前の料金設定

東横インでは、一部店舗で土曜日祝日料金が設定されているものの、基本的に店舗ごとの統一価格となっており、お盆時期に2~3万円に跳ね上がるような事がありません。

基本的に、公式ホームページからの予約が300円引きの最安値となっていますが、非会員の場合はAgodaから予約する場合にはギフトカードを貰えるので、料金を比較してみるといいかもしれません。

東横イン公式ホームページ│東横イン 新白河駅前
東横イン新白河│Agoda
トリバゴで最安プランを比較 

  • シングルA:4,900円
  • シングルB:5,400円
  • エコノミーダブル:6,900円
  • ダブル:7,400円
  • ツイン:7,900円

公式HP割適用、非会員料金の場合

料金は、一室当たりの料金で、シングルA、エコノミーダブルはシングルB、ダブルと比べてベッドや部屋が少し狭いものの料金が低く抑えられているお部屋となっています。

 

店舗ごとの統一感と朝食などの店舗独自サービスが人気の東横イン。この記事を参考に、宿泊の際は是非選択肢に加えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です