エアアジア 就航発表プレスリリース(即日発表用) 全文和訳

airasia-logo

先ほど、エアアジアジャパンの就航が発表されました。エアアジアからは英文のみのプレスリリース発表だったため、全部和訳を紹介致します。

概要は下記記事から

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク

エアアジア・ジャパン 就航発表プレスリリース

セパン(マレーシアの都市)2017年10月16日ー″世界で最も優れたLCC″の日本のアフィリエイトであるエアアジア・ジャパンが、名古屋-札幌での初めての運航とともに営業を再開します。
エアアジア・ジャパンのハブである、名古屋と北海道の県庁所在地の間で1日2便体制で運航します。
これを祝い、2017年10月17日(日本時間)から、17年10月29日から18年3月24日までの旅行を対象にたったの5円※からの特別プロモーション運賃を実施します。
エアアジアグループ 最高経営責任者 トニーフェルナンデスは、「日本に戻って来たことは素晴らしいことです。それは、決して易しい道のりではなかったが、楽天、ノエビア、アルペンといったパートナーの協力と忍耐に心の底から感謝を申し上げたい。」
「多くの人は、我々が諦めると、そして厄介だと考えた事でしょう。しかし、我々は日本の人々とスタッフのために突き進む義務がありました。」
「それには長い時間を要しましたが、良いワインのように、すべての良い事には時間がかかる。そして、私たちは誘導路を抜け、離陸への準備が出来た。」
「日本は驚くべき人々、文化や食べ物のある素敵な市場であるが、長い間、予算が不十分でした。」
「私は、日本が本当に低コストの経験をする準備が整い、エアアジアが革新の先頭に立ち、今日の路線とともにスタートすると信じています。」
「ビジョンを共有する新しいパートナーとともに、エアアジアが日本の全てのフライトする人に重要な役割を果たすことに微塵の疑いもない。」と語った。
エアアジアジャパン 最高経営責任者 秦修(ハタオサム)

「エアアジアジャパンの最初の路線である名古屋札幌線の販売を発表出来ることは、この上ない喜びです。名古屋、中部国際空港をベースにする初めての航空会社となった事、エアアジアの広範囲なネットワークのために、低価格でできる限り多くのお客様を運ぶ事を託された事は、とても重い事であり、コミュニティと文化を繋げ、地域経済に貢献する事と同様に重要な事です。」

エアアジアジャパンは、エアアジア、楽天、Octave Japan Infrastructure Fund I、ノエビア、アルペンが出資するジョイントベンチャーで、ハブ空港の名古屋、中部国際空港セントレアから2機のA320-200型機を運航する航空会社です。

エアアジアのニュース、活動、広告などの最新情報を受け取るにはTwitter(twitter.com/airasia)、Facebook(facebook.com/airasia)を参照下さい。

※運賃は諸税・空港使用料を含めた金額です。

関連リンク:エアアジア Twitter

The following two tabs change content below.

Daisuke.M

トラベルCAMPUS 編集長 「リアルチケットのトラベル日記」「LCC STYLE」など航空メディアでの執筆経験多数
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。