【直前でも】国内線 本当に安い格安航空券の探し方はこれ!

皆さんは、国内線の航空券をどのように購入していますか?格安航空券を購入するために知らないうちに損しているかもしれません。年に数十回飛行機に乗る学生が選ぶ、国内線格安航空券の正しい買い方をお伝えします!

格安航空券とは?格安航空券の種類とは?

バニラエアの機体

バニラエアの機体

格安航空券とは、正規運賃以外の航空券のことで、日付変更ができないなど様々な条件が付く代わりに格安で手に入れることができる航空券です。

航空券には、「正規運賃」「正規格安航空券」と「格安航空券」の二種類があります。

それぞれ、便利な場面、お得な場面に違いがあるので紹介します。

正規運賃とは

正規運賃は、路線ごとに決められた運賃制度のことで、航空会社間で共通運賃を設定されていることが多いです。

正規運賃のメリット

  • 日時変更が無料もしくは格安
  • 航空券の裏書(ANAのチケットでJALに搭乗する)などが可能
  • マイレージが多くたまる
  • (国際線)プレミアムエコノミーやビジネスクラスにアップグレードされる可能性が高いなど、イレギュラー的に優遇される

正規運賃のデメリット

  • 運賃がかなり高額

正規格安航空券(PEX運賃)とは

PEX運賃、正規割引航空券とも呼ばれる正規格安航空券は、各航空会社が公式に打ち出している格安航空券のことです。

先得運賃(JAL)、旅割運賃(ANA)などの早割運賃や、特便割引(JAL)、特割(ANA)などの便・席数限定直前割引、身障者割引・スカイメイト(学割)などに代表される条件付き割引などがあり、条件が合えば格安で入手できるチケットです。

メリット

  • 運賃が安い
  • 100%ではないがマイルがたまることが多い
  • チケットの入手先が航空会社なので安心
  • 手数料を支払うことで払い戻せる場合がある

デメリット

  • 購入が直前になると割引率が低い
  • 便変更が有料

格安航空券

格安航空券は、団体割引や旅行会社に卸されたチケットなどを各旅行会社がバラ売りする形式のもので、株や為替のように、需給バランスによる価格変動が大きくなっています。

タイミングとしては2~3か月前が一番安くなると言われています。

格安航空券のメリット

  • びっくりするほど安い航空券に出会えることがある
  • 直前の購入でも割安

格安航空券のデメリット

(正規割引航空券と比較して)

  • 必ずしも安くなるとは限らない
  • マイレージが貯まらないことがある

次のページでは、広告に騙されない航空券のお得な買い方と直前でも使えるテクニックをご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です